短寿命気候汚染物質削減の取組に5つのNGOが参加

発表日:2012.08.27

「短寿命気候汚染物質削減のための気候と大気浄化のコアリション」(CCAC)に、環境問題で指導的役割を果たしている有力NGOの5団体が新たに参加した。CCACは、短寿命気候汚染物質(SLCP)であるメタン、ブラックカーボン(煤)、HFC(ハイドロフルオロカーボン)の早期削減を図る国際的取組。今回のNGO参加により、2012年2月に発足したCCACの加盟国・機関は27になった。SLCPはレンガ焼成、ディーゼル排ガス、ゴミ埋立地、石油・天然ガス産業等から排出されるが、排出を早期に削減すれば、2050年までに予想される温暖化を0.5℃抑制することが可能となるほか、年間で200万人以上の早死、3000万トン以上の農作物被害を防げるという。今回、「ガバナンス・持続可能な発展研究所」(IGSD)、「クリーンエア・タスクフォース」(CATF)等、国際的な実績があるNGOの参加により、世界的な規模で取組参加の広がりが期待できるという。CCACは他にも多くのNGOの参加を呼びかけている。

新着情報メール配信サービス
RSS