福岡市、市内の微小粒子状物質(PM2.5)の測定局を増設

発表日:2013.02.28

福岡市は、市内の微小粒子状物質(PM2.5)の測定局を、平成25年3月1日から2か所追加すると発表した。同市では、市内の大気汚染の状況を把握するため、現在6か所の測定局で大気中のPM2.5を常時監視し、その結果をホームページで公開している。今回、PM2.5の監視体制を強化するため、新たに城南区と博多区に1か所ずつ測定局を追加。平成25年3月1日0時より測定を開始し、結果を同日1時よりホームページで公開する。なお、同市の大気汚染常時監視測定局は、市内に16局あるという。

新着情報メール配信サービス
RSS