環境省、「大気汚染防止法施行規則の一部を改正する省令」を公布

発表日:2013.03.06

環境省は、「大気汚染防止法施行規則の一部を改正する省令」が、平成25年3月6日に公布・施行されたと発表した。中央環境審議会では、平成24年4月20日付けで環境大臣から諮問された「今後の揮発性有機化合物(VOC)排出抑制対策の在り方について」について、平成24年12月26日に環境大臣に答申を行った。主な内容は、1)VOC排出抑制制度の継続、2)事業者の負担軽減、3)VOC排出状況、対策効果等のフォローアップ、4)総合的な対策検討のための新たな専門委員会の設置、5)国際的な取組の推進。今回、同答申で、事業者の負担軽減を図り、より効率的な体系作りを推進することが重要とされたことから、VOC排出濃度の測定回数を年2回以上から年1回以上に改正した。

新着情報メール配信サービス
RSS