東京大学とサントリー(株)、「水の知」(サントリー)総括寄付講座の研究内容について発表

発表日:2008.07.04

東京大学とサントリー(株)は、2008年7月4日(金)に「水の知」(サントリー)総括寄付講座設立記念シンポジウム「水の世紀に立ち向かう市民・政府・企業と大学」を開催し、研究内容について発表した。同講座は2008年4月1日に開設したもので、「水の知」の集約と情報発信として、(1)人口増加および気候変動に伴う水循環・水資源需給量の変化への対応、(2)水のライフサイクルアセスメント(LCA)手法の構築、(3)水に関する最先端知識の発信を行うとともに、「健康で文化的な暮らしを支える豊かな水環境の実現」のため、(1)森林保全と水源管理の科学、(2)都市水環境における汚染物質の動態解析とリスク管理、(3)統合的水資源管理の実現へ向けた国内外の地域研究、に取り組む。研究成果は、シンポジウム、講義やWEBサイトに加え、サントリーの次世代育成支援活動「水育(みずいく)」などを通じて公表していくという。

新着情報メール配信サービス
RSS