(独)海洋研究開発機構、南極のオゾン減少とアフリカ南部における夏季の気温上昇との関係を解明

発表日:2013.10.14

(独)海洋研究開発機構は、東京大学及びビンドゥラ大学と共同で、南極のオゾン減少とアフリカ南部における夏季の気温上昇との関係を世界で初めて解明したと発表した。近年の地球温暖化は、産業革命以降の温室効果ガスの増加によるものと考えられている。しかし、気温上昇を生じさせる原因は地球温暖化だけではなく、地域ごとに異なる原因が存在する可能性も考えられている。今回、アフリカ南部における近年の地上気温上昇の原因について、過去30年の観測データ及びNECP(米国立環境予測センター)/NCAR(米国大気研究センター)の再解析データを解析。南極上空のオゾンの減少がアフリカ南部でアンゴラ低気圧を強化させた結果、この地域の夏季の気温を上昇させていることが明らかになった。この研究成果から、地域レベルの近年の気候変化について、地域固有の原因も存在する可能性を具体的に示すとともに、今後、南極のオゾンホールの軽減対策が、アフリカ南部の気温上昇を抑える可能性があることを示したものとして、今後の研究の進捗が期待されるという。

情報源 (独)海洋研究開発機構(JAMSTEC) プレスリリース
機関 (独)海洋研究開発機構(JAMSTEC)
分野 地球環境
大気環境
キーワード 地球温暖化 | 海洋研究開発機構 | 東京大学 | オゾン | 南極 | 気候 | アフリカ | 気温上昇 | 低気圧 | ビンドゥラ大学
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS