環境省と(独)国立環境研究所、特定外来生物アルゼンチンアリの防除手法を開発

発表日:2013.07.11

環境省と(独)国立環境研究所は、特定外来生物アルゼンチンアリの防除手法を開発し、「アルゼンチンアリ防除の手引き」を改訂したと発表した。特定外来生物であるアルゼンチンアリ(南米原産)は、平成5年に広島県廿日市市において国内初の定着個体群が確認されて以降、平成25年5月現在までに1都2府9県において、定着が確認されている。両者では、平成22年にアルゼンチンアリの定着が確認された東京都大田区内において、フマキラー(株)と連携して地域根絶に向けた防除試験を平成23年4月から開始。その結果、同エリアにおいて、99%以上の防除効率を示す手法を確立した。これまで世界的にも、外来種としての本種の根絶に成功した事例はほとんどなく、今回の試験により、根絶に向けた防除手法が確立される可能性が示された。また、改訂された「アルゼンチンアリ防除の手引き」では、東京都大田区の防除事例を踏まえた経費試算と効果について具体的に紹介するとともに、最新の情報をもとに防除の事例を更新している。

新着情報メール配信サービス
RSS