環境省、(仮称)天北風力発電所に係る環境影響評価準備書に対する環境大臣意見を提出

発表日:2014.10.27

環境省は、(仮称)天北風力発電所に係る環境影響評価準備書について、平成26年10月27日付けで経済産業大臣に対し環境大臣意見を提出した。同事業は、(株)天北エナジーが北海道稚内市に、総出力30,000kW(2,000又は3,000kW×最大12基)の風力発電所を新設するもの。事業実施区域及びその周辺には、日本の湿地500の「大沼・メグマ湿原、声問川」が存在し、オジロワシ、オオワシ等の多様な猛禽類やコハクチョウ等の渡り鳥、エゾクロテン(哺乳類)、エゾサンショウウオ(両生類)、ホロマンノコギリソウ(植物)等の多くの重要な動植物の生息・生育が確認されている。今回の環境大臣意見では、1)希少な猛禽類について追加調査を実施して、その結果を踏まえて事業計画の見直し、稼働調整等の適切な環境保全措置を講ずることとし、それが実施できないならば事業そのものを見直すこと、2)その上で区域内に存在する小中学校を調査地点とした騒音の調査・予測・評価を行うこと、等を求めている。

情報源 環境省 報道発表資料
機関 環境省
分野 地球環境
自然環境
大気環境
水・土壌環境
環境総合
キーワード 風力発電 | 渡り鳥 | 環境省 | 北海道 | 騒音 | 環境影響評価 | 動植物 | 環境大臣意見 | 猛禽類 | 天北エナジー
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS