積水ハウス(株)など3社、さいたま市でスマートハウス実用化に向け実証実験を開始

発表日:2014.05.21

積水ハウス(株)、(株)東芝及び本田技研工業(株)の3社は、スマートハウス実用化に向けた実証実験を、さいたま市に建設した実証実験ハウスで開始したと発表した。同ハウスは、実際に人が居住できる二世帯住宅でエネルギーマネジメント技術を取り入れたもの。親世帯、子世帯で生んだ電気を、各世帯の需要に応じて相互に供給し合ったり、電力ピーク時に電気の使用抑制を促すデマンドレスポンスを活用し、省エネ効果を検証する。また、ケーブルを接続せずに電気自動車(EV)への充電を行う非接触充電、系統連系することで家庭内だけでなくコミュニティーに電力を供給できるV2Hシステムについて、家庭での利用における利便性や普及に向けた課題や電動モビリティーの価値等を検証する。3社では、未来の暮らしを実現する技術の確立と実用化を目指し、この実証実験ハウスを活用した様々な検証を行っていくという。

新着情報メール配信サービス
RSS