本田技研工業(株)、スマートホームシステムを導入した実証実験ハウスを公開

発表日:2012.04.23

本田技研工業(株)は、スマートホームシステム(HSHS)を導入した実証実験ハウスを、さいたま市に完成させ、2012年4月23日に公開した。今回公開した実証実験ハウスは、さいたま市が推進する「E-KIZUNA Project」の一環として取り組むもので、埼玉大学(さいたま市)の隣接地に二棟の一戸建て住宅を建設した。HSHSは、CIGS薄膜太陽電池パネル、ホームバッテリーユニット(蓄電池)、ガスエンジンコージェネレーションユニット等で構成。システムの中核を担うエネルギー管理システムは、各エネルギー機器からの電力と電力会社からの電力を最適に制御できるとともに、停電や災害時には、家庭内で必要な電力を確保するためのバックアップ機能も併せ持つ。同社では、電気自動車(EV)や各種情報サービス(宅内モニター、車載ナビ等)と連動させた同システムの実証実験により、2000年と比べてCO2の50%削減をめざすという。なお、同施設における実証実験は、2018年までの予定。

新着情報メール配信サービス
RSS