本田技研工業(株)、さいたま市と電気自動車の普及に関する協定を締結

発表日:2011.05.23

本田技研工業(株)は、さいたま市と電気自動車(EV)の普及に関する協定を締結したと発表した。さいたま市は、地球温暖化防止と持続可能な低炭素社会の実現を目指して、EV普及拡大の課題解決に取り組む「E-KIZUNA Project」を進めている。2011年5月23日、同社は、同プロジェクトを共同で推進していくことに合意し、日常生活でのCO2低減を目指す実証実験の概要を公表した。同実証実験は、さいたま市内に、ガスコージェネレーションや太陽光発電などを組み合わせた“スマートホームシステム”を導入した家を建設し、外部供給電力に加えて、同システムで作られた電力や熱エネルギーを、家庭内や電動車両を含めて効率的に管理することで、日常生活でのCO2低減を目指す。また、災害時でも家庭単位で自立した電力供給が可能な総合的なエネルギーマネジメントの検証を行う。今後、両者は、重点連携項目として、様々なエネルギー供給環境と多様な電動車両による、災害に強い環境未来都市の提案を行うとともに、連携項目として、1)充電セーフティネットの構築、2)需要創出とインセンティブの付与、3)地域密着型の啓発活動、について検討・協業していくという。

新着情報メール配信サービス
RSS