環境省、中央新幹線(東京都・名古屋市間)に係る環境影響評価書に対する環境大臣意見を提出

発表日:2014.06.05

環境省は、東海旅客鉄道(株)が実施予定の中央新幹線(東京都・名古屋市間)に係る環境影響評価書について、平成26年6月5日付けで国土交通大臣に対し環境大臣意見を提出した。同事業は、東京都と名古屋市の間約286km(地上部40km、トンネル部246km)を、超伝導リニアにより結ぶものであり、首都圏及び中京圏の市街地では、大深度地下を利用し、その他区間も河川以外は、ほとんどトンネルにより通過する。今回の環境大臣意見では、同事業の事業規模は極めて大きく、事業実施に伴い、トンネル工事により生ずる湧水に起因する地下水位の低下や河川流量の減少、供用時に利用するエネルギー負荷の増加、希少動植物への影響、騒音振動や大気質への影響等の環境影響が生じる懸念があることから、環境への影響を最大限、回避・低減されるよう、以下の事項等について対応を求めた。1)温室効果ガス、2)水環境、3)動物・植物・生態系、4)人と自然との触れ合い、5)廃棄物等、6)大気・騒音・振動、7)土壌。

情報源 環境省 報道発表資料
機関 環境省
分野 地球環境
ごみ・リサイクル
自然環境
大気環境
水・土壌環境
環境総合
キーワード 環境省 | 温室効果ガス | 騒音 | 廃棄物 | 水環境 | 環境影響評価 | 振動 | 大気質 | 中央新幹線 | 希少動植物
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS