環境省、平成26年度里地里山等地域の自然シンボルと共生した先導的な低炭素地域づくりのための事業化計画の策定・FS調査委託業務の採択結果を公表

発表日:2014.08.18

環境省は、平成26年度里地里山等地域の自然シンボルと共生した先導的な低炭素地域づくりのための事業化計画の策定・FS調査委託業務の採択結果を公表した。同事業は、地方公共団体や民間事業者による地域における再生可能エネルギーの導入等の低炭素地域づくりのための事業化に向けた調査の実施及び計画の策定に対し、必要な経費等を支援するもの。里地里山等の地域社会と密接に関わる自然環境を有する地域において、再生可能エネルギーの導入等の低炭素地域づくりのための設備導入に向けた調査の実施及び計画の策定が対象となる。今回、公募期間に22件の応募があり、審査の結果、以下の9件を採択した。1)皆生温泉観光(株)、2)(一社)鎮守の森コミュニティ推進協議会、3)(一財)ブナの里 白神公社、4)(株)ディーエルディー、5)(株)ア・ラ・小布施、6)慶應義塾大学SFC研究所、7)NPO法人 地域再生機構、8)三菱UFJリサーチ&コンサルティング(株)、9)(一社)持続可能で安心安全な社会をめざす 新エネルギー活用推進協議会。

情報源 環境省 報道発表資料
機関 環境省
分野 地球環境
自然環境
キーワード 再生可能エネルギー | 環境省 | 計画 | CO2排出量 | 低炭素 | 地域 | 里地里山 | FS
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS