NIMS、単純構造化による安定したペロブスカイト太陽電池構築に成功

発表日:2015.03.18

(独)物質・材料研究機構(NIMS)は、再現性や安定性が良く、理想的な半導体特性を示すペロブスカイト太陽電池の構築に成功したと発表した。ペロブスカイト太陽電池は、安価で高効率な次世代太陽電池として期待されている。しかし、再現性が低く、安定性に足りる太陽電池ができていないため、ペロブスカイトの半導体特性も明らかにされていなかった。今回、雰囲気制御が厳格な有機薄膜太陽電池の作製手法をペロブスカイト太陽電池の作製工程に導入することにより、水分や酸素濃度を除くと共に、太陽電池構造をできるだけ単純化したペロブスカイト太陽電池を作製。この太陽電池は、電流—電圧曲線におけるヒステリシスが観測されなかったことから安定性に問題が無いことがわかった。さらに理想的なダイオード特性を示したことから、ペロブスカイト材料が太陽電池として優れた半導体であることが示された。今後、不純物準位の由来とその太陽電池への影響を明らかにするとともに、不純物準位を取り除き、太陽電池の高効率化を行い、エネルギー環境問題に貢献していくという。

新着情報メール配信サービス
RSS