NIMS、シリコンのナノ粒子を塗布するだけで太陽電池変換効率の向上に成功

発表日:2015.07.29

物質・材料研究機構(NIMS)は、シリコンのナノ粒子を塗布するだけで太陽電池変換効率の向上に成功したと発表した。現在、太陽電池材料の主流はシリコンであるが、さらなるコスト削減と変換効率の向上を目指して、シリコンの使用量を格段に減らせるシリコンナノワイヤを用いた太陽電池が注目を集めている。今回、研究グループでは、特殊な材料および構造を使用することなく、表面がある種の分子で終端処理された直径5nm以下のシリコンナノ粒子を、シリコンナノワイヤ型の太陽電池表面に塗布することで、簡単に変換効率を向上させる方法を開発した。実験では、これまで10%程度であった変換効率を最大で12.9%まで向上させることができた。この方法は、シリコンを中心として環境にやさしい物質で実現可能で、さらにシリコンナノワイヤ型だけでなく、現在使用されている一般的なシリコン系の太陽電池にも簡単に応用できる。今後は、シリコンナノ粒子のサイズおよび表面を終端する分子種の最適化を行うことにより、変換効率向上の更なる効率化を目指すという。

新着情報メール配信サービス
RSS