NEDO、着床式洋上風力のガイドブックなどを国内で初めて作成

発表日:2015.09.11

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、国内で初めて、着床式洋上風力発電に関する国内外の最新知見をまとめた、1)着床式洋上風力発電導入ガイドブック、2)着床式洋上風力発電の環境影響評価手法に関する基礎資料、を作成したと発表した。これらは、千葉県銚子沖と福岡県北九州市沖などで取り組んできた着床式洋上風力発電の実証研究の成果などをまとめたもの。1)では、着床式洋上風力発電の定義と種類、ポテンシャル、国内外の現状と動向などの基礎情報とともに、着床式洋上風力の設置、運転、保守など洋上風力発電計画を策定する上で有用な情報を導入手引きとして整理している。2)では、銚子沖と北九州市沖の着床式洋上風力発電実証研究の環境影響評価成果や既往調査資料などを、着床式洋上風力発電に係る環境影響評価事例としてまとめた。NEDOでは、2016年度の事業終了までに得られる成果を盛り込んだ最終版のガイドブックと基礎資料も事業終了後に公表する予定という。

新着情報メール配信サービス
RSS