環境省、アジア太平洋地域における気候変動影響評価および適応計画策定に関する能力向上ワークショップの結果を公表

発表日:2016.02.02

環境省は、平成28年1月27日・28日にフィリピンのマニラで開催された「アジア太平洋地域における気候変動影響評価および適応計画策定に関する能力向上ワークショップ」の結果を公表した。同ワークショップは、平成27年11月に閣議決定された「気候変動の影響への適応計画」において、開発途上国に対する適応計画策定等を通じ、適応分野の国際協力・貢献を一層推進することを掲げていることを受けて実施したもの。アジア太平洋の14カ国から政府関係者等約60名が参加。日本の適応計画やその裏付けとなる気候変動影響評価を説明したほか、実際の途上国支援の経験を共有した。また、各国からは主要セクターにおける気候変動の影響に関する現状把握及び影響評価手法について報告され、また科学者からは効果的な評価ツールに関する情報が共有された。さらに、技術的能力の向上、科学的知見に対する適切な解釈、コミュニティレベルでの適切な評価実施方法等について議論が行われ、各国がそれぞれ気候変動影響評価を実施するための理解が深まったという。

新着情報メール配信サービス
RSS