JAMSTECと東京大、海洋循環に潜む「パラレルワールド」の存在を指摘

発表日:2016.02.01

海洋研究開発機構(JAMSTEC)と東京大学は、海洋循環にもいくつもの「並行世界(パラレルワールド)」が存在することを発見したと発表した。これまで海洋の年々変動は基本的に風の年々変動によって生じるものと考えられていた。今回、JAMSTECのスーパーコンピュータ「地球シミュレータ」を用いた海洋の年々変動再現実験の結果、日本南岸を流れる黒潮やその東に続く黒潮続流といった中緯度域の強い海流の年々変動に「風の変動と無関係に生じる部分」があり、全く同じ風の変動の下で異なる海の循環が生じうることを発見した。これは、現実に観測されるのは1つの状態でも、同じ条件の下で異なる状態が起きていても不思議ではない、つまりパラレルワールドが存在しうることを意味する。海洋においては、この存在は意識されていなかったが、この研究成果を基に、海流予測の分野でも天気予報など大気循環の分野で行われているアンサンブル予測手法が導入され、気候予測や漁獲量予測の高度化に繋がる、より高度な予測が実現して行くものと期待されるという。

情報源 海洋研究開発機構(JAMSTEC) プレスリリース
東京大学先端科学技術研究センター プレスリリース(PDF)
機関 海洋研究開発機構(JAMSTEC) 東京大学
分野 地球環境
キーワード 海洋研究開発機構 | 東京大学 | 地球シミュレータ | 予測 | 気候 | 海洋循環 | 海流 | JAMSTEC | 漁獲
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS