JAMSTEC、高解像度大気・海洋結合モデルを用いてマッデン・ジュリアン振動(MJO)を再現

発表日:2016.10.11

海洋研究開発機構(JAMSTEC)は、高解像度大気・海洋結合モデルを用いてJAMSTECのスーパーコンピュータ「地球シミュレータ」上でシミュレーションを実施し、マッデン・ジュリアン振動(MJO)に伴う降水や風などを精度よく再現できることを実証したと発表した。MJOは、熱帯赤道域上空で対流活動が活発な領域が約1~2か月かけて東進する現象である。近年、天気予報の解説にも使用される熱帯域に特徴的な現象であり、世界各地の天気や気候さらには社会・経済活動へも影響を及ぼすエルニーニョや台風の引き金となることが指摘されているため、その適切な予測が求められている。今回の成果は、大気と海洋の相互作用を考慮した大気海洋結合モデルにより予測の精度向上が可能であることを示したもので、海洋状態の影響が顕れる1週間よりも長い期間を対象とした気象と海象の予測や、月間の平均気温や降水量などの変化傾向予測の精度を高めた新たな季節予測を実現するための礎となるという。

新着情報メール配信サービス
RSS