理研、高分子量バイオプラスチックを生産する海洋性の光合成細菌を発見

発表日:2016.08.18

理化学研究所は、海洋性の光合成細菌が高分子量のポリヒドロキシアルカン酸(PHA)を生産することを発見したと発表した。PHAは、微生物が体内に生産するバイオプラスチックの一種で、生分解性や生体適合性などの特性を持つことから、石油由来のプラスチックの代替材料として注目されている。光合成細菌がPHAを生産することが既に報告されていたが、そのほとんどが淡水性の光合成細菌によるものであった。今回共同研究チームでは、海洋性の光合成細菌である12株の紅色硫黄細菌と紅色非硫黄細菌のPHA生産能を検証し、全ての種類の光合成細菌がPHAを生産することを発見した。また、人工海水を培地として用いたPHA生産も可能であることを示した。さらに、生産されたPHAの性質を調べたところ、一部の紅色硫黄細菌、紅色非硫黄細菌が非常に高い分子量のPHAを合成していることが分かった。今後、二酸化炭素からのPHA生産を最適化することにより、より環境負荷の低いプラスチック生産が期待できるという。

新着情報メール配信サービス
RSS