東京都、一般向けのグリーンエネルギー証書(再エネクレジット)の販売を開始

発表日:2016.10.11

東京都は、従来「総量削減義務と排出量取引制度」対象事業者に販売していたグリーンエネルギー証書を、一般向けに販売すると発表した(販売期間:平成28年10月11日~平成29年2月28日)。今回、東京都環境公社が保有するグリーンエネルギー証書を、1)グリーン電力証書(太陽光発電システム):販売量107,720,000kW/時、販売価格(外税)7円/kW/時、2)グリーン熱証書(太陽熱利用システム):販売量6,217,000MJ、販売価格(外税)26円/MJ、として販売する。グリーンエネルギー証書は、発電等設備を持たなくても、証書相当分のグリーンエネルギーを使用していることとみなされ、オフィス、イベントや行事に使用する電力に充当することが可能で、都では「100%都内産」の太陽エネルギー利用を訴求している。

新着情報メール配信サービス
RSS