環境省、平成29年度学校給食の実施に伴い発生する廃棄物の3R促進モデル事業に係る実施市区町村を公募

発表日:2017.02.20

環境省は、平成29年度学校給食の実施に伴い発生する廃棄物の3R促進モデル事業に係る実施市区町村の公募を開始すると発表した(受付期間:平成29年2月20日~4月14日17時必着)。同事業は、学校給食の実施に伴い発生する廃棄物の3Rの促進を図るとともに、食育・環境教育の観点から学校における学習教材としての利用を促進することを目的とするもの。今回、平成29年度の実施市区町村を公募する。市区町村では、市区町村教育委員会、学校関係者、関係事業者等の地域の関係者と協力し、学校給食の実施に伴い発生する廃棄物の3Rの実施、3Rの実施内容を教材として食育・環境教育の実施や地域循環圏の形成・高度化を図るモデルプランを立案する。立案するプランは、以下の通り。1)食品ロス削減にかかる取組、2)食品廃棄物(調理残さ、食べ残し等)の再生利用(飼料化、肥料化等)に係る取組、3)2)で製造された飼料・肥料等を利用する地域循環の取組、4)廃棄物の3Rの取組、5)3Rの理解を高めるための教材づくり。

新着情報メール配信サービス
RSS