環境省、「気候変動適応情報プラットフォーム」ポータルサイトをリニューアル

発表日:2017.03.31

環境省は、「気候変動適応情報プラットフォーム」のポータルサイトをリニューアルした。同省では、気候リスク情報の提供を通じ、地方公共団体や事業者等が気候変動の影響への適応に関する取組を促進する基盤として、「気候変動適応情報プラットフォーム」を平成28年8月に設立(事務局:国立環境研究所)し、気候変動の影響への適応に関する情報を一元的に発信するポータルサイトを開設している。今回のリニューアルでは、WebGISを導入することにより、ユーザーが希望する情報を容易に入手できるようにするとともに、複数の地図データを並べることで地域における気候変動の影響予測結果を多角的に分析できるようにした。また、平成27~28年度に11のモデル自治体において実施した「地方公共団体における気候変動影響評価・適応計画等策定支援事業」の成果物をわかりやすく整理し、それぞれのモデル自治体の取組事例や、分野別の具体的な適応策の事例を掲載した。

新着情報メール配信サービス
RSS