ヤマハ発動機とさいたま市、電動二輪車の普及に関する協定を締結

発表日:2017.07.05

ヤマハ発動機(株)とさいたま市は、「E-KIZUNA Project」を推進するため、2017年7月5日に協定を締結したと発表した。「E-KIZUNA Project」は、地球温暖化防止と持続可能な低炭素社会の構築を目標として、さいたま市が民間企業などとの連携によって推進している電気自動車(EV)等の普及施策である。今回の協定は、低炭素化と暮らしやすさの両立に向けて、地域に密着した取組を展開するほか、電動二輪車(EVバイク)など低炭素型パーソナルモビリティの積極的な導入と活用を推進することに合意したもの。連携項目は、1)EVバイク普及策の検討、2)充電セーフティネットの構築、3)需要創出とインセンティブの付与、4)地域密着型の普及・啓発活動、となっている。

新着情報メール配信サービス
RSS