三菱自動車工業(株)、さいたま市と電気自動車の普及に関する協定を締結

発表日:2010.01.26

三菱自動車工業(株)は、さいたま市と電気自動車(EV)の普及に関する協定を締結したと発表した。さいたま市は、持続可能な低炭素社会の実現に向けて、EV普及拡大の課題解決に取り組む「E-KIZUNA Project」を進めている。2010年1月26日、同社は、同プロジェクトを共同で推進していくことに合意し、新世代電気自動車を同市に10台納入した。この車種は、2009年7月に販売が開始され、既に1,100台の納車実績を持つもので、今回は、さいたま市の全区に「青色防犯パトロールカー」として使用される。今後、両者は、重点連携項目として、EVに関連する新しいビジネスモデルの検討を行うとともに、連携項目として、1)充電セーフティネットの構築、2)需要創出とインセンティブの付与、3)地域密着型の啓発活動、について検討・協業していくという。

新着情報メール配信サービス
RSS