トヨタ自動車(株)、さいたま市と電気自動車の普及に関する協定を締結

発表日:2011.10.27

トヨタ自動車(株)は、さいたま市が進める「E-KIZUNA Project」を共同で推進していくことに合意し、2011年10月27日に協定書を交わしたと発表した。「E-KIZUNA Project」は、持続可能な低炭素社会の実現を目指して、さいたま市が民間企業などとの連携によって推進しているEV等の次世代自動車の普及施策である。今回の合意に基づき、両者は今後、多様なエネルギーを活用した低炭素で災害に強い「環境未来都市」を創造し、燃料電池自動車(FCV)などの次世代自動車の活用並びにインフラ構築等環境整備による安心・安全かつ快適な社会システムの創造に取り組んでいくという。具体的な検討・協業項目は以下のとおり。1)充電・充填セーフティネットの構築(誰もが使いやすい充電セーフティネットの構築等)、2)需要創出とインセンティブの付与(FCV等の次世代自動車の電源供給機能としての活用に向けた取り組み等)、3)地域密着型の普及・啓発活動(FCV等の次世代自動車を活用した共同利用の検討等)。

新着情報メール配信サービス
RSS