環境省、清水港においてヒアリを確認・防除(全国68港湾調査)

発表日:2018.08.20

環境省は、清水港新興津コンテナターミナル(静岡県静岡市清水区)において特定外来生物ヒアリ(Solenopsis invicta)を発見し、防除したと発表した。国土交通省の協力の下、同省は全国68港湾における調査を順次実施している。今回、清水港における調査において、2018年8月7日から16日にかけて設置したトラップ157個のうち1個(8月7日設置)に疑わしいアリ2個体を発見し、8月20日にヒアリであったことを確認した。静岡県は、当該トラップ周辺に殺虫餌(ベイト剤)の設置、トラップの追加などを行い、同省・関東地方環境事務所と共に調査を継続しているという。

新着情報メール配信サービス
RSS