(株)日立製作所、木質バイオマスのリグニンを主原料とする、有機溶剤に溶けるエポキシ樹脂を開発

発表日:2009.09.15

(株)日立製作所は、再生可能な資源である木質バイオマスに含まれるリグニンを主原料とした、有機溶剤に溶けるエポキシ樹脂を開発したと発表した。石油を主原料とするエポキシ樹脂は、耐熱性や電気絶縁性などに優れた化合物で、電子部品などさまざまな用途で利用されている。一方、バイオマスを用いたこれまでのエポキシ樹脂は、有機溶剤に溶けず、多様な形に成形できないこと、また耐熱性と絶縁性を満足できないことから、高い耐熱性が求められるさまざまな実用部材への応用は困難であった。同社が今回開発した、リグニンを主原料とするエポキシ樹脂は、有機溶剤に溶けることから多様な成形が可能であるとともに、リグニンを硬化剤としても使用することで、高耐熱性のエポキシ樹脂硬化物を作製できる。これにより、回路基板や発電機など、高い耐熱性と絶縁性が求められる部材への実用化に道を拓き、資源循環型社会の実現に貢献するという。

情報源 (株)日立製作所 ニュースリリース
機関 (株)日立製作所
分野 地球環境
ごみ・リサイクル
キーワード 有機溶剤 | 循環型社会 | 日立製作所 | 耐熱性 | 木質バイオマス | リグニン | エポキシ樹脂 | 絶縁性 | 回路基板
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS