大日本印刷、紙の使用でプラスチックを削減したラミネートチューブを開発

発表日:2020.02.27

大日本印刷(株)は、紙を使用したラミネートチューブを開発したと発表した。ラミネートチューブは、化粧品・トイレタリー分野などで用いられ、近年で使用量が増加している。一方、海洋プラスチックの削減や地球温暖化の防止などの観点から、プラスチック使用量の削減が求められていた。今回、チューブの胴体部分に紙を使用することで、プラスチック使用量の15%削減に成功した。併せてバイオマスポリエチレンを使用することにより、全体のうち約75%を植物由来材料で代替することが可能となった(キャップを除く)。同社は今後も、プラスチック使用量の削減、CO2排出量の削減を目指し、紙比率を向上させた環境配慮製品の開発をすすめていくという。

新着情報メール配信サービス
RSS