環境省、除去土壌等を保管する仮置場の総点検結果等を公表

発表日:2020.03.17

環境省は、除去土壌等を保管する仮置場の総点検結果等を公表した。これは、令和元年東日本台風に伴う大雨により、除去土壌等を保管する仮置場から大型土のう袋の一部が河川に流出したことを受けて、全ての仮置場について総点検を実施したもの(令和元年12月~令和2年2月)。総点検の結果及び今後の対応は、1)令和元年11月末時点で除去土壌等を保管中の全ての仮置場765箇所(うち福島県外44箇所)を対象として、地図情報に基づき河川近傍や浸水想定区域等に立地する仮置場322箇所を抽出した上で、現地調査、専門家の意見等を踏まえ、流出可能性を分析した。2)分析の結果、流出防止等対策が必要な仮置場が12箇所(全て福島県内)あることを確認した。これらの仮置場について、同省と自治体が連携・調整して対策内容の詳細を決定し、令和2年5月末までに対策を実施する。また、全ての仮置場について、日常の点検・管理や、豪雨等の災害の発生が予想される場合の事前措置の実施等を徹底するという。

新着情報メール配信サービス
RSS