環境省、中間貯蔵施設における処理・貯蔵の全工程で運転を開始

発表日:2020.03.30

環境省は、中間貯蔵施設における除去土壌と廃棄物の処理・貯蔵の全工程で運転を開始したと発表した。同省では、福島県内で発生した除去土壌及び廃棄物を貯蔵するため、大熊町・双葉町において、平成29年から中間貯蔵施設の運転を順次開始している。1)除去土壌は、既に受入・分別施設及び土壌貯蔵施設を整備・運転、2)廃棄物(可燃物)は、仮設焼却施設で焼却して発生した焼却灰を、令和2年3月から双葉町仮設灰処理施設で灰処理(溶融)を開始、3)そこで発生したばいじんは、令和2年3月30日、廃棄物貯蔵施設への貯蔵を開始、4)これにより、中間貯蔵施設における除去土壌と廃棄物の処理・貯蔵の全工程で運転を開始した。また、1)土壌貯蔵施設は、同年3月27日、大熊④工区が運転を開始、2)これにより、整備していた全ての受入・分別施設(9施設)と土壌貯蔵施設(8工区)が運転を開始したという。

新着情報メール配信サービス
RSS