環境省、革新的な省CO2実現のための部材や素材の社会実装・普及展開加速化事業(令和2年度)の公募を開始

発表日:2020.07.21

環境省は、令和2年度革新的な省CO2実現のための部材や素材の社会実装・普及展開加速化事業の公募を開始すると発表した(公募期間:令和2年7月21日~8月28日17時)。同事業は、省CO2性能の高い部材や素材を活用し、実機搭載における低コスト化技術の開発、安全性・信頼性・省エネ効果・品質向上策等の検証等を実施し、革新的部材・素材を量産向けの実製品に実装する段階の普及を強力に支援・推進するもの。今回、GaN(窒化ガリウム)を適用した製品の量産に関する技術開発、安全性・信頼性・省エネ効果・品質向上策等などの検証を実施する事業者を募集する。対象枠は、1)次世代超省エネ高出力青色レーザーの量産機開発・検証、2)次世代高効率・小型・省エネ複合型電力変換装置の量産機開発・検証、3)次世代小型・長寿命・高効率高周波装置の量産機開発・検証、となっている。同省では、書面による事前審査及び審査委員会によるヒアリング審査を実施し、令和2年10月中旬に採択課題を決定するという。

情報源 環境省 報道発表資料
機関 環境省
分野 環境総合
キーワード 環境省 | 素材 | 部材 | 省エネ効果 | 省CO2 | 低コスト化技術 | 窒化ガリウム | 社会実装 | 普及展開加速 | 品質向上
関連ニュース

関連する環境技術

新着情報メール配信サービス
RSS