NEDO、カーボンリサイクル技術開発2分野の採択案件を発表

発表日:2020.07.30

(国研)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、「カーボンリサイクル・次世代火力発電等技術開発/次世代火力発電技術推進事業/カーボンリサイクル技術の共通基盤技術開発」(CO2還元、炭酸塩化)の採択案件を発表した。「カーボンリサイクル技術ロードマップ」や「革新的環境イノベーション戦略」において、CO2の素材や燃料への利用・CO2排出削減について示されている。NEDOは「CO2排出削減のための要素技術検討(2018~2019年)」において、CO2還元技術、炭酸塩化によるCO2固定化技術(炭酸塩技術)などについて、その技術的優位性やCO2削減ポテンシャル、技術課題などをまとめていた。今回、CO2還元技術として、「高温溶融塩電解を利用したCO2還元技術の研究開発(産業技術総合研究所、同志社)」ほか5件を、炭酸塩技術として「カルシウム含有廃棄物からのCa抽出およびCO2鉱物固定化技術の研究開発(住友大阪セメント(株)等)」ほか1件を採択したという。

新着情報メール配信サービス
RSS