環境省、東京港大井ふ頭及び青海ふ頭におけるヒアリ確認結果を公表

発表日:2020.10.07

環境省は、東京港大井ふ頭及び青海ふ頭において実施してきた特定外来生物ヒアリの調査結果を公表した。同省が実施する全国港湾調査において、令和2年10月2日に東京港大井ふ頭内で、調査事業者がコンテナヤードの舗装面にヒアリと疑わしいアリ500個体程度及び土中への出入りを確認した。また、令和2年10月6日に東京港青海ふ頭内で、調査事業者がコンテナヤードの舗装面にヒアリと疑わしいアリ200個体程度及び土中への出入りを確認した。さらに、同省と東京都は、現地調査を実施し、大井ふ頭においては追加で幼虫及びサナギを確認した。調査事業者が確認箇所周辺に殺虫餌(ベイト剤)を設置するとともに、専門家による同定の結果、同日、ヒアリと確認した。平成29年6月の国内初確認以降、これまでのヒアリの確認事例は令和2年10月7日現在で16都道府県、計62事例である。同省は、引き続き、発見場所において目視及びトラップの設置による調査を東京都と協力して実施するとともに、周辺の確認調査を実施する予定という。

新着情報メール配信サービス
RSS