環境省、CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業(令和3年度)の一次公募を開始

発表日:2021.01.07

環境省は、令和3年度「CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業」の一次公募を開始すると発表した。同事業は、将来的な地球温暖化対策の強化につながるCO2排出削減効果の優れた技術の開発・実証を主導し、CO2排出量の大幅な削減を目的とするもの。対象は民間企業等で、内容は委託または補助(補助率最大1/2)である。対象枠及び分野は、1)優先テーマ枠(「気候変動×防災」、「気候変動×感染症対策」)、2)ボトムアップ型分野別技術開発・実証枠①脱炭素社会に向けた社会変革分野 「気候変動×社会変革」、②脱炭素社会に向けた地域資源活用・循環型経済分野 「気候変動×サーキュラー・エコノミー」、3)アワード型イノベーション発掘・社会実装加速化枠となっている。なお、公募期間は、令和3年1月7日~2月8日であり、公募の詳細は、同省のホームページで閲覧できる。

情報源 環境省 報道発表資料
機関 環境省
分野 地球環境
キーワード 地球温暖化 | 環境省 | 気候変動 | CO2排出削減 | 脱炭素社会 | CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業 | サーキュラー・エコノミー | 地域資源活用 | 循環型経済分野 | アワード型イノベーション
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS