横浜市、国内初のEV充電器の公道設置に関する実証実験を開始

発表日:2021.06.08

横浜市は、国内初となる、EV充電器の公道設置に関する実証実験を開始すると発表した。同市は、充電インフラの整備・充電ネットワーク拡充等を手掛ける(株)e-Mobility Powerと「Zero Carbon Yokohama」の実現に向けて、「横浜市内のEV普及促進に向けた連携協定」を締結し、市内でEVに乗りやすい環境整備や、充電インフラ拡大に資する新たな仕組みづくりに積極的に取り組んでいる。今回、青葉区内において全国で初めて公道にEV用充電器を設置し、公道(道の駅、サービスエリア、パーキングエリアを除く、公道扱いである駐車帯)に充電器を設置する際の課題や有用性について検証する実証実験を開始する(実証期間:令和3年6月8日~令和4年3月下旬)。実証概要の詳細は同市のホームページで確認できる。

新着情報メール配信サービス
RSS