経産省、「次世代航空機」の開発に関する研究開発・社会実装計画を策定

発表日:2021.07.16

経済産業省は、「次世代航空機の開発」プロジェクトに関する研究開発・社会実装計画を策定したと発表した。2050年カーボンニュートラル目標に向けて、令和2年度第3次補正予算において2兆円の「グリーンイノベーション基金」を(国研)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)に造成し、官民で具体的な目標を共有し、経営課題として取り組む企業等に、10年間、研究開発・実証から社会実装までを継続して支援していくとしている。産業構造審議会グリーンイノベーションプロジェクト部会において決定された「分野別資金配分方針」を踏まえ、ワーキンググループが、優先度を審議した上で、担当省庁が各プロジェクトの内容を「研究開発・社会実装計画」として策定し、順次公募を開始していくことになっていた。今回、産業構造転換分野ワーキンググループでの議論と、パブリックコメントに対して提出された意見を踏まえ、「次世代航空機の開発」プロジェクトに関する研究開発・社会実装計画を策定した。水素航空機の実現に必要な要素として、1)極低温(-253℃)に耐え得る小型軽量な液化水素貯蔵タンク、2)水素の安定燃焼と低NOxを両立するエンジン燃焼器、3)大幅に変更が必要な機体設計に係る技術開発等、次々世代機以降(2035年以降)を見据えた航空機主要部品の複雑形状・飛躍的軽量化に関する技術開発を実施するという。

新着情報メール配信サービス
RSS