環境省、日傘の無料レンタルサービスを実施

発表日:2021.07.20

環境省は、傘レンタルサービス(アイカサ)を行っている(株)Nature Innovation Groupと連携し熱中症予防の一環として、日傘(晴雨兼用傘)の積極的な活用の取組を進めると発表した。令和3年度は、同取組の利用促進のため、(株)ALiNKインターネットとも連携し、同社にて運用する気象情報に関し年間閲覧数47億ページビューにも達する天気アプリ(tenki.jp)内で告知活動も行う。具体的には、傘のレンタルスポットが設置されているエリア(東京、愛知、大阪、福岡など10都府県)のいずれかで同省と気象庁が発令する「熱中症警戒アラート」の発表された場合、日傘の無料レンタルを行う(実施期間:令和3年7月20日~10月27日)。無料にすることで、より積極的な熱中症予防効果が期待される。なお、同レンタルサービスは、使い捨てビニール傘廃棄問題に着目したサービスでもあり、廃棄プラスチックの削減にも貢献できることが見込まれているという。

新着情報メール配信サービス
RSS