福島県大熊町、再エネの地産地消に向けて地域新電力を設立

発表日:2021.07.27

大熊町(福島県双葉郡)は、プラントの建設やメンテナンス等を行う大熊町の企業(株)エイブルとともに、「大熊町地域新電力会社の共同設立に関する協定」及び「大熊町ゼロカーボン推進による復興まちづくりに関する連携協定」を締結し、地域新電力会社「(仮)大熊るるるん電力」の設立に向けて検討を開始したと発表した。地域新電力の事業パートナーの選定は公募による。同町では、令和3年2月策定の「大熊町ゼロカーボンビジョン」で、2040年のCO2実質ゼロ達成の目標を掲げ、ゼロカーボンを通じた復興を進めている。今回、設立準備を開始する地域新電力は、地域の再生可能エネルギーの地産地消を達成するため、小売事業に留まらない総合的な地域エネルギー会社として事業を展開し、地域の復興を牽引していく役割を担う。同町は、小売電気事業や新たな電源開発を進めるための詳細な検討を行い、年度内の新会社設立と次年度からの営業開始を目指すとしている。

新着情報メール配信サービス
RSS