JFEエンジニアリング(株)、大型都市環境プラントの大規模基幹改良工事を受注

発表日:2010.12.27

JFEエンジニアリング(株)は、埼玉県川口市より、大型都市環境プラント(都市ごみ処理施設)の大規模基幹改良工事を受注したと発表した。同施設(処理能力150t/日×2炉)は、1994年に建設されたもので、現在その更新時期を迎えている。川口市は今回、多額の費用を要する老朽更新(建替え)に比べてライフサイクルコストを低減できる大規模改良を実施することとした。同施設は、燃焼設備、燃焼ガス冷却設備、排ガス処理設備、余熱利用設備などの主要設備を更新・改造することで、既存施設を有効活用しながら、エネルギー使用量の削減や発電効率の向上を図ることができ、改良前に比べてCO2排出量が約50%削減されるという。なお、こうした更新時期を迎えた環境施設が全国的に課題となっていることを受け、環境省では「循環型社会形成推進交付金」制度を見直し、一定の要件を満たす環境施設の大規模改修を今年度(平成22年度)より交付金の対象としている。今回改良工事を行う同施設は、その中でも要件が厳しい1/2交付対象事業に、発電設備付の都市ごみ処理施設として初めて選定された。

新着情報メール配信サービス
RSS