(株)東芝、沖縄県宮古島市のエネルギーマネジメント(EMS)実証事業におけるシステム設計を実施

発表日:2011.10.27

(株)東芝は、沖縄県宮古島市のエネルギーマネジメント(EMS)実証事業におけるシステム設計を実施すると発表した。これは、沖縄県が実施する平成23年度予算事業「スマートエネルギーアイランド基盤構築事業」の一環として沖縄県宮古島市が公募した、1)宮古島市全島エネルギーマネジメントシステム(EMS)実証事業、2)宮古島市来間島再生可能エネルギー100%自活実証事業で、システム設計の委託事業者として採択されたもの。1)は、全島の需要家によるエネルギー消費を最適制御するシステムを実証するもので、同社は、CEMS等からなる全島EMS、家庭200軒分の電力消費データを収集するスマートボックス(AMIシステム)およびビル5棟分のBEMS等について、地元メディアである宮古テレビ(株)と連携し、システム設計を検討する。2)は、島内の電力消費量の再生可能エネルギー比率を100%とし、島内エネルギーの100%地産地消の実現性を検証するもので、同社は、来間島に適したEMSに加え、蓄電池の最適容量・最適配置を検証し、システム設計を検討する。なお、両実証事業は、2011年度から2014年度までの4年間実施されるが、同社の契約期間は2012年3月16日までである。

新着情報メール配信サービス
RSS