慶應義塾大学、レアメタルを使わずに有用物質を合成することに成功

発表日:2012.04.18

慶應義塾大学理工学部の栄長泰明教授らは、導電性ダイヤモンドを電極とした有機電解反応による物質合成法を開発し、白金などのレアメタルを使わずに有用物質を合成することに成功した。有機電解反応は、毒性の高い重金属や爆発の危険性のある酸化剤を用いずに医薬品などの有用物質を合成できる環境調和型有機反応であるが、従来の電極には、主に白金やパラジウム、金などのレアメタルが使用されており、近年のレアメタルの供給不安を背景に、レアメタルを使わない(レアメタルフリーな)代替手法の開発が望まれていた。今回、同研究グループは、ダイヤモンドにホウ素を加えて導電性を与えたダイヤモンド電極を用いて有機電解反応を行った結果、レアメタルや既存の炭素材料とは異なる反応性を持つことを明らかにし、さらにこの技術を応用することで、天然有機化合物や人工抗炎症物質などの有用物質を合成することに成功した。同技術により合成される物質は、アルツハイマー症治療薬や生活習慣病改善につながる新しい薬剤の開発に役立つことが期待されるという。なお、同成果は、(独)科学技術振興機構(JST)課題達成型基礎研究の一環によって得られたものである。

新着情報メール配信サービス
RSS