大日本印刷(株)、自然光などを効果的に反射・拡散させる省エネ型の金属パネルを開発

発表日:2012.06.07

大日本印刷(株)は、自然光などを効果的に反射・拡散させる省エネ型の金属パネルを開発し、平成24年6月7日に販売を開始すると発表した。近年、省エネ意識の高まりや電力供給に対する不安から、企業や公共施設はできるだけ自然光を取り入れたり、照明を間引いたりするなどの節電対策を行っているが、節電による照度不足のために快適性や安全性が損なわれることがあった。また、消費電力が低く寿命が長いLED照明については、指向性が高いために場所によって明暗差が生じやすいという課題がある。今回開発したのは、表面に施した同社独自の微細な凹凸が光を効率的に反射し、広範囲に間接光を拡散させる白色の金属パネル。内壁や天井などに使用することで自然光や照明光を効果的に反射させ、間接光を空間の隅々まで拡散させて照度を上げることにより、従来の内装用金属パネルと比較して10~13%程度の省エネを実現することができるという。

新着情報メール配信サービス
RSS