環境省、再生可能エネルギーに関するゾーニング基礎情報等を公表

発表日:2012.07.13

環境省は、再生可能エネルギーに関するゾーニング基礎情報等を公表した。同省ではこれまで「再生可能エネルギー導入ポテンシャル調査」を実施し、我が国における再生可能エネルギー(太陽光、風力、中小水力及び地熱)の賦存量、導入ポテンシャル及びシナリオ別導入可能量の推計を行い、地図情報(再生可能エネルギー導入ポテンシャルマップ)とともに公表してきた。今回、これらの推計結果及び地図情報の精査・再推計・更新を行うとともに、PDFのレイヤ機能を用いて各種条件を重ね合わせた「ゾーニング基礎情報」を整備した。ゾーニング基礎情報とは、再生可能エネルギーの開発可能地域の抽出に必要な、賦存量及び導入ポテンシャル並びに各種自然・社会条件に関する基礎情報のこと。各種条件等の地図情報をレイヤーで作成し、これらの表示・非表示を切り替えることができるPDFファイルを、20万分の1の図郭(1次メッシュ:約80km四方)ごとに作成した。

情報源 環境省 報道発表資料
環境省 再生可能エネルギー導入ポテンシャルマップ・ゾーニング基礎情報(平成23年度版)
環境省 平成23年度再生可能エネルギーに関するゾーニング基礎情報整備報告書
機関 環境省
分野 地球環境
キーワード 風力発電 | 再生可能エネルギー | 太陽光発電 | 環境省 | 地熱発電 | 地図 | ポテンシャルマップ | 中小水力発電 | ゾーニング基礎情報
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS