インドネシア政府と世界資源研究所、森林火災の監視と対応への新たなプラットフォームを開設

発表日:2014.07.22

インドネシアREDD+庁と世界資源研究所(WRI)は、デジタルグローブ社、グーグル社等と協力し、森林火災と煙霧の監視と対応のための新たなオンライン・プラットフォーム「グローバル・フォレスト・ウォッチ・ファイヤーズ(GFWF)」を開設する。GFWFは、インドネシア政府の土地・森林火災監視システムの一部として公開され、火災場所の特定に有効な高解像度の衛星画像、リアルタイムの風向きや大気汚染、保護地域等の土地利用や営業許可地の地図などの豊富なデータと、ほぼリアルタイムの火災警報、火災跡の詳細地図作製などのツールを揃える。森林火災は有害な煙霧を招き、環境、経済、人の健康に深刻な悪影響を及ぼす。インドネシアの森林火災の要因は複雑で、農地の開墾や土地紛争によるものも多く、パーム油・木材・製紙会社などの営業地域内でも発生している。インドネシア政府は森林火災の監視、人材育成、執行強化などに取り組んでおり、WRIは、GFWFによって火災対応が迅速になり、違法野焼きのような犯罪の証明が容易になると期待している。

新着情報メール配信サービス
RSS