国連気候変動枠組条約事務局、2015年パリ合意に向け、世界の都市や企業の取組を促す気候行動ポータルを開設

発表日:2014.12.11

国連気候変動枠組条約事務局(UNFCCC)は第20回締約国会議(COP20)開催国のペルー政府と共同で、都市・地域・企業・投資家等の気候に関する戦略的取組を紹介する「ナスカ気候行動ポータル」を開設した。この名前の由来である同国の有名な地上絵は、動物の敏捷性・創造力・野心を表現しているといい、これらは短・長期的な気候行動の実施に必要な要素である。都市や企業等の様々な革新的行動(省エネ・再生可能エネルギー・炭素価格化等)は、既に政府や国際機関等の協力の下で進んでいるが、これではまだ不十分である。新ポータルは、活動の報告や追跡の記録のある、確かな情報源のデータを活用し、2014年9月の気候サミットで開始された野心的な誓約やイニシアティブ(サプライチェーン全体での森林減少抑制、保険業の投資グリーン化等)を紹介するサイトも提供する。COP20の議長を務めるペルーのプルガルビダル環境相は、このポータルは自信と野心を促すと信じていると述べた。

情報源 国連気候変動枠組条約事務局(UNFCCC) プレスリリース
ナスカ気候行動ポータル
国・地域 国際機関
機関 国連気候変動枠組条約事務局(UNFCCC)
分野 地球環境
環境総合
キーワード 都市 | UNFCCC | 企業 | ポータルサイト | 国連気候変動枠組条約 | 気候行動 | COP20 | ペルー
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS