フィンランド環境省、プラスチックの削減と再利用のロードマップを公表

発表日:2018.10.16

フィンランド環境省は、プラスチック廃棄物の削減と再利用を進めるロードマップを公表した。これはプラスチックを持続可能な方法で利用する社会を構築するための一連の解決策からなり、幅広い利害関係者の行動を促している。たとえば、地方自治体や催し物の開催者は、催し物から発生するゴミをなくすよう努める必要があり、使い捨て包装や過剰な包装を削減する自主的取組も求められる。プラスチックの分別回収の方法を改善し、回収所の数を大幅に増やすことも必要である。建設部門では、プラスチックを用いた建設資材の特定、建設現場におけるプラスチック廃棄物の分別を改善し、農業や園芸ではプラスチックの再利用や生分解性マルチング材料の開発が必要となる。回収したプラスチック廃棄物の加工についても、バリューチェーンに応じた多様な再利用を可能にする。バイオ材料の専門性のあるフィンランドにとってプラスチック代替物質の開発や輸出は事業機会でもあり、海洋プラスチック汚染が最も深刻な地域に資金を提供することで国際的気運を高めることになる。

新着情報メール配信サービス
RSS