生物多様性と生態系サービスに関する政府間科学政策プラットフォーム(IPBES)が設立へ

発表日:2010.12.04

ニューヨークで開催中の第65回国連総会の会議で、「生物多様性と生態系サービスに関する政府間科学政策プラットフォーム」(IPBES)の設立に、国連環境計画が着手することが決定され、イギリス環境・食糧・農村地域省(DEFRA)のスペルマン大臣は歓迎の意を表明した。生物多様性が急速に減少し、生態系の劣化に歯止めがかからない中で、その進行を食い止めるための、信頼しうる科学的知見が緊急にもとめられている。IPBESは、こうした科学的な知見や助言を、独立した立場で各国政府や政策担当者に提供するものと期待されており、イギリスは、今後4年間で200万ポンドをIPBES支援に拠出することを確約している。スペルマン大臣は「国連が生物多様性に関する科学的機関を設立することは、生物多様性の保護と生態系修復に向けた大きな前進である」として、この決定を歓迎した。IPBESの第1回会議は2011年の夏にも開催される見通しだという。

新着情報メール配信サービス
RSS