環境省と経済産業省、ストックホルム条約、バーゼル条約及びロッテルダム条約の締約国会議の結果を公表

発表日:2013.05.13

環境省と経済産業省は、平成25年4月28日から5月10日までスイスのジュネーブで開催された、ストックホルム条約(POPs条約)等3条約の締約国会議の結果を公表した。今回開催されたのは、1)POPs条約第6回締約国会議、2)バーゼル条約第11回締約国会議、3)ロッテルダム条約第6回締約国会議、4)第2回3条約拡大合同締約国会議(ExCOPs2)。各会議の主な成果は以下のとおり。1)新たに1種類の物質(ヘキサブロモシクロドデカン:HBCD)を附属書A(廃絶)に追加、2)「有害廃棄物等の環境上適正な管理に関するフレームワーク」を採択、3)新たに4種類の物質群(アジンフォス・メチル他)を附属書Ⅲ(輸出手続きが必要となる化学物質)に追加、4)「環境上適切な化学物質・廃棄物管理に関するジュネーブ声明」を宣言。なお、次回会合は、2015年5月にジュネーブで開催され、今回と同様に3条約の締約国会議を連続で開催するとともに、3条約共通の課題をあわせて議論する予定。

情報源 環境省 報道発表資料
経済産業省 ニュースリリース
経済産業省 ニュースリリース
経済産業省 ニュースリリース
機関 環境省 経済産業省
分野 健康・化学物質
キーワード 環境省 | 経済産業省 | ストックホルム条約 | POPs条約 | ヘキサブロモシクロドデカン | バーゼル条約 | ロッテルダム条約 | アジンフォス | メチル
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS