政府、廃棄物処理施設整備計画を閣議決定

発表日:2013.05.31

環境省は、新たな廃棄物処理施設整備計画が、平成25年5月31日に閣議決定されたと公表した。廃棄物処理施設整備計画は、廃棄物処理施設整備事業の計画的な実施を図るため、廃棄物の処理及び清掃に関する法律(廃棄物処理法)第5条の3に基づき、5年ごとに策定されるもの。今回の計画期間は、平成25年度から29年度の5ヶ年。現在の公共の廃棄物処理施設の整備状況や、東日本大震災以降の災害対策への意識の高まり等、社会環境の変化を踏まえ、従来から取り組んできた3Rの推進に加え、災害対策や地球温暖化対策の強化を目指し、広域的な視点に立った強靱な廃棄物処理システムの確保を進めるとしている。重点目標として1)排出抑制、最終処分量の削減を進め、着実に最終処分を実施、2)焼却時に高効率な発電を実施し、回収エネルギー量を確保、3)し尿及び生活雑排水の処理を推進し、水環境を保全、の3点を設定している。

新着情報メール配信サービス
RSS