東京都、新たな「東京都資源循環・廃棄物処理計画」を策定

発表日:2016.03.30

東京都は、新たな「東京都資源循環・廃棄物処理計画~Sustainable Design TOKYO~」を策定したと発表した。同計画は、廃棄物処理法の規定に基づいて策定する計画で、東京都環境基本計画に基づく個別分野の計画。今回、廃棄物の減量や3R施策の更なる促進により、「良好な都市環境の次世代への継承」に加え、資源採取の段階から環境に配慮するための「持続可能な資源利用への転換」を基本的考え方とする「東京都資源循環・廃棄物処理計画」として改定を行った。計画期間は2016年度から2020年度までの5年間。計画目標として、1)資源ロスの削減、2)「持続可能な調達」の普及、3)循環的利用の推進と最終処分量の削減、4)適正かつ効率的な処理の推進、5)災害廃棄物の処理体制、と設定。3)の指標は、一般廃棄物の再生利用率が2020年度27%・2030年度37%、最終処分量(一般廃棄物・産業廃棄物計)が2020年度に2012年度比14%削減・2030年度に2012年度比25%削減、としている。

新着情報メール配信サービス
RSS